カテゴリ:葵祭( 1 )

京都三大祭りのトップ~「葵祭」



優雅な平安絵巻
~令和最初の「賀茂祭(葵祭)」






京都三大祭りのトップの「賀茂祭」(葵祭)が15日あり、
平安装束に身を包んだ約500人の行列が京都御所から下鴨神社を経て
上賀茂神社まで約8㌔にわたって都大路を練り歩きました。



賀茂祭=正式には上賀茂・下鴨両神社の例祭です。
祭に関わる人たちや社殿にフタバアオイとカツラで作った
葵桂を飾ることから「葵祭」と言われるようになったそうです(^0^;)


今年は、朝一番の御所出発を取材する予定でしたが、都合で時間に間に合わず
初めて上賀茂神社に到着する行列を取材することにしました。

行列は15日午後3時半頃、上賀茂神社に到着し、「勅使」が紅色の紙に記された「御祭文」を
読み上げる「社頭の儀」が行われる予定です。


d0340506_11231318.jpg
↑上賀茂神社「一の鳥居」です。



午後3時半、続々と行列が到着です。

d0340506_11251256.jpg



一の鳥居からは、馬や牛車とか乗り物はなしなんですね~
全員歩いていますよ~
d0340506_11254725.jpg






d0340506_11291482.jpg






d0340506_11293109.jpg


第64代斎王代、負野李花(おうのりか)さんが
一の鳥居で専用の輿「腰輿(およよ)」を降りて
神道を進むと観客から大きな歓声が上がっていました(^0^;)

d0340506_11294606.jpg




本日ここの観客の98%(笑)は、
今年の「斎王代」を一目見たくて2時間待っている方々でしょうね σ(^◇^;)

d0340506_11295303.jpg






d0340506_11300189.jpg






d0340506_11300802.jpg





最後に宮内庁からの「勅使」が「社頭の儀」に向かいます。
全員起立、脱帽でお迎えします~

d0340506_11341805.jpg





この後、実は競べ馬の行事があったのですが、昼から炎天下を走り回った私は
少々エネルギーが消耗しすぎて、リタイアをすることに・・・

今年上賀茂神社は初めてでしたので式次第とベスト撮影場所がよくわからず手探りでした(ーー;)
来年はもう一度上賀茂神社で記録を残せればと思います。






参考までに昨年までの「路頭の儀」の蔵出し画像です(^0^;)

「路頭の儀」とは、京都御所を進発した総勢500余名、長さ八百㍍に及ぶ行列が
市中を巡行する儀式のことです。



平安時代の装束の京都府警「平安騎馬隊」のお巡りさんが
行列を先導します^^;;~
d0340506_10523349.jpg


フジの花に飾られた「牛車」

d0340506_10524073.jpg


d0340506_10530920.jpg


女官が先導する斎王代列(女人列)

d0340506_10541796.jpg


斎王代が乗る専用の輿「腰輿(およよ)」
d0340506_10525725.jpg




さ~すが「葵祭」!!
いつもながら雅な「王朝絵巻」を堪能しましたσ(^◇^;)/~




by otti468 | 2019-05-16 14:15 | 葵祭 | Comments(10)