カテゴリ:アヤメ科の花( 2 )

真夏日の氷室池





”氷室池”




d0340506_11431940.jpg



d0340506_11432366.jpg




d0340506_11432922.jpg




d0340506_11433697.jpg




d0340506_11434166.jpg





d0340506_11434680.jpg





d0340506_11451645.jpg




d0340506_11452906.jpg




d0340506_11453435.jpg




d0340506_11454242.jpg


(京都市山科 勧修寺)


時折”ウシガエル”の大合唱・・・!

手を入れず自然のままの池に、
カルガモの雛を期待していきましたが・・・
(昨年のこの頃、可愛いカルガモの雛が・・・^^;;)


本日は、確認できませんでした~


この日の京都は30.4℃~暑かった!!






by otti468 | 2018-05-17 11:58 | アヤメ科の花 | Comments(6)

「イチハツ」ってなあ~に??




潤いの雨に「イチハツ」満開



京都市上京区の「御霊神社」では、外堀や境内に植えられた
アヤメ科の「イチハツ」が咲き、見頃を迎えていました。


d0340506_00215949.jpg


イチハツは「一初」とも書くアヤメ科の多年草です。
ハナショウブやカキツバタなどに先駆けて最も早く咲くことから
その名が付いたといわれています^^;;


d0340506_00175220.jpg


波を打ったような形の紫色の花びらが特徴です。

d0340506_00202036.jpg



御霊神社のお堀に今が見頃の「イチハツ」が満開です^^

d0340506_00180668.jpg

境内にも所々に咲いていました。


d0340506_00172630.jpg



d0340506_00173331.jpg




d0340506_00181834.jpg




御霊神社の近くに住んでいた、江戸時代の絵師”尾形光琳”は、
当時、神社の堀に群生していたカキツバタを参考に、
代表作「燕子花図屏風(かきつばたびょうぶ)」を仕上げたと伝えられています。

その後カキツバタは、お堀が涸れ姿を消してしまったそうですが、
氏子らによって、同じアヤメ科のイチハツが育てられたそうです。

昨年、華道家や地元の人達がボランティア団体「いちはつの会」を
立ち上げたとニュースが伝えていましたσ(^◇^;)


私は雨の翌日に、そうした人達に感謝しながら御霊神社を訪ねましたが見事な「イチハツ」でした(^^ゞ
(Ps; 境内の(御霊の森)は”応仁の乱”発祥の地でも有名ですよね^^)


京都ではイチハツの花は東山「得浄明院」でも咲いていますよ(^^ゞ







by otti468 | 2018-04-27 01:08 | アヤメ科の花 | Comments(6)