カテゴリ:京の風物詩( 18 )

上賀茂神社~3







d0340506_21144461.jpg






d0340506_21342218.jpg




d0340506_21343059.jpg




d0340506_21145593.jpg





d0340506_21151078.jpg





昨日久しぶりに大型商業施設に買い物に行き長時間過ごしました。
その結果(多分)・・・本日夕方から家内が38.7℃の発熱・咳き込み・・・<(_ _)>・・・汗;;~
この時期だけに~インフルエンザを疑っています。
先程かかりつけの内科の夜診に行って帰ってきましたが・・・
インフルの結果は明日の朝内科再訪でわかります。
久々に台所に立ち夕食の準備・・・( ̄。 ̄;)

老々介護??(苦笑)は辛いものがあります(^_^;
風邪が流行っています。皆さんお気をつけ下さいね。

又当分撮影に行けません(;_;)









by otti468 | 2019-01-22 21:44 | 京の風物詩

新春自由散策~上加茂神社~2


上加茂神社「武射神事」~2






d0340506_14211074.jpg


d0340506_14390254.jpg




d0340506_14390625.jpg




d0340506_14213341.jpg


(1月16日撮影 上賀茂神社)








by otti468 | 2019-01-20 14:40 | 京の風物詩

新春自由散策~寒中托鉢


聖護院門跡の寒中托鉢




家内安全や無病息災を祈り、山伏がホラ貝を吹きながら托鉢をする京都の冬の風物詩~
百人ほどの山伏が5000軒ほどの信者の家を手分けして廻る。


d0340506_00325572.jpg
1月14日撮影。各グループに分かれ車で地区まで出発していた。

d0340506_00330135.jpg




各グループは市内5,000箇所の信者のお宅を廻ります。
↓(この画像はWEBよりお借りしました)

d0340506_00420442.jpg



聖護院寒中托鉢は京都の冬の風物詩です。
寒中托鉢修業は毎年1月8日から14日まで行なわれています。
最後の14日に出発時間に合わせて聖護院門跡に行ってみましたが
グループ毎に車で出発していきました。

来年は初日の8日に取材をする必要があるようです。




by otti468 | 2019-01-15 01:03 | 京の風物詩

2018時代祭~最終章



凜として~平成最後の時代祭






二千人の行列参加者の中で・・・

d0340506_23543837.jpg



毎回ひときわ大きな歓声を受ける女性・・・

d0340506_23544554.jpg



白馬にまたがる颯爽とした「巴御前」・・・

d0340506_23550050.jpg



街の情報では芸妓の「とし真菜」さんとか・・・

d0340506_23550654.jpg




d0340506_23551896.jpg



d0340506_23552351.jpg






時代祭が終わると・・・京都の山々は紅葉の準備を始めます~







by otti468 | 2018-10-30 00:10 | 京の風物詩

京都御苑に秋の気配?



秋のティスト~ぎんなんの実が・・・



d0340506_22530922.jpg





「寺町御門」を入ったところに天高くそびえる名物イチョウの古木・・・
台風で良く倒れなかったものです。^^;;~
秋のテイスト~一番の”ぎんなんの実”がたわわに・・・

苑内の台風の被害の一方で~
さすがに~秋の気配が・・・






More 次のページもご覧くださいねσ(^◇^;)/~☆
by otti468 | 2018-09-10 23:24 | 京の風物詩 | Trackback | Comments(6)

大型台風に注意!!



無事 台風一過! 西日本の方、大丈夫でしたか??σ(^◇^;)





お盆の風物詩「大覚寺の宵弘法」


d0340506_17463799.jpg






毎年8月20日に大覚寺の大沢池で行なわれる嵯峨野の「宵弘法」
五山の送り火が終った後の、お盆の終わりを告げる「宵弘法」です・・・
多くの信者さんのお祈りの合掌の声が響くなか、大沢池に送り火の松明が赤々と灯ります。







More 次のページもご覧くださいねσ(^◇^;)/~☆
by otti468 | 2018-08-23 18:04 | 京の風物詩 | Comments(8)

嵐山で三船祭~3



大宮人の遊び 川面に映えて



平安時代の船遊びを今に伝える車先神社の「三船祭」が
5月20日渡月橋の上流の大堰川で行なわれました。

中之島から船着き場まで平安装束の方々が行列をし、神社の宮司による祈祷の後で船に乗り込みました。
十二単を装った清少納言役の網田奈央さんが、御座船から扇を川に放つ「扇流し」を披露しました。
(沢山の画像の中を探しましたが、残念ながら「扇流し」はないようでした)



d0340506_05250002.jpg



d0340506_05250596.jpg




d0340506_05251050.jpg





龍頭船や鶏首船の上では、雅楽や今様が奉納されていました。


d0340506_05251463.jpg




d0340506_05251937.jpg




d0340506_05252666.jpg




d0340506_05254230.jpg




d0340506_05263370.jpg





川沿いには沢山の見物客や外国人観光客が大勢集まり、雅な王朝絵巻の世界を写真に収めていました。






by otti468 | 2018-05-24 05:33 | 京の風物詩 | Comments(6)

平安時代の船遊び「三船祭」2



大宮人の船遊び~第2集


平安時代の船遊びを今に伝える車折(くるまさき)神社の「三船祭」です。
三船祭は、宇多上皇が大堰川で船遊びをした故事にちなみ、
1928年に始まったそうです。

d0340506_00360855.jpg




12時30分、「枕草子」作者の清少納言や平安時代の
大宮人(宮中に仕える人)に扮した人々の「参進行列」が
中之島公園から渡月橋を渡り大堰川船着き場まで行なわれました。



11時30分、大堰川船着き場に集まった平安装束の方々~^^

d0340506_00310331.jpg

神主のお祓いを受けた後
どうやら舟で対岸の中之島公園まで渡るようです~

d0340506_00305844.jpg


そして本日の注目!
十二単を装った清少納言役の”網田奈央さん”の登場(^^ゞ

d0340506_00311153.jpg



行列の皆さんが舟で対岸に着くまでに、あちらに行かねば!!・・・

私は大急ぎで器材を抱えて、再び渡月橋を渡り
行列の出発地点の中之島公園に急ぎました(汗)

d0340506_00314465.jpg




清少納言も既に「輿」の上に・・・(^^ゞ

d0340506_00315121.jpg


”参進行列”のスタートです~

d0340506_00315968.jpg



「アラ、ottiさん!!」・・・なんて言う訳ないですよね~( ̄。 ̄;)

d0340506_00320442.jpg




d0340506_00321552.jpg


この”鳥の羽”のような飾りを付けたお嬢さん方・・・
この飾り・・・7月の祇園祭の”花傘道中”にも登場します^^;;
なんでしょう?(勉強不足・・・(__;)~)

d0340506_00321905.jpg



d0340506_00322315.jpg




d0340506_00322771.jpg


対岸を船着き場に向かって進む行列です~

d0340506_00323594.jpg



d0340506_00323922.jpg


この後の船遊びに備えて皆さん行列の到着を待っています^^

d0340506_00324451.jpg


TVカメラクルーも待ち受けています~

d0340506_00324949.jpg



そして、船遊びの舟を操る船頭さんの到着です~

d0340506_00325388.jpg

盛り上がっている大堰川の船着き場を眺めながら、
上流にある星野リゾートの旅館「星のや京都」の
送迎船が通り過ぎます~



外人さんは「なんだろう?」の表情です(^^ゞ

d0340506_00325761.jpg



次回は、雅な大堰川での船遊びの再現の様子をご覧頂きますσ(^◇^;)




by otti468 | 2018-05-22 01:29 | 京の風物詩 | Comments(8)

嵐山 車折神社(くるまざきじんじゃ)~三船祭



新緑の季節に”大宮人の船遊び”の再現!


今年、たしか初めての「嵐山」です^^;;
昨年までは足繁く通っていましたが、今年は桜も見に行かず・・・
ご無沙汰でした~


なんだか・・・桜か紅葉の時期しか来ないので・・・
こんな景色は・・・久し振りのような^^;;
新緑も終わり初夏の景色です・・^^


d0340506_00515626.jpg



渡月橋南詰では、朝から外国の観光客が・・・^^

d0340506_00520112.jpg



電車で来るのかバスで来るのか~
多くの観光客が散策をしています。

d0340506_00520706.jpg




ここ渡月橋の上流は、保津川下り”の終点「大堰川(おおいがわ)」です~

d0340506_00522761.jpg



お客を降ろした舟は・・・

d0340506_00522125.jpg


すぐさま渡月橋の南詰めの船溜まりから
4トントラックに乗せられて、高速道路で亀岡の出発点まで運ばれます。

d0340506_00523465.jpg



このシーズンは、ピストン輸送みたいです(^0^;)

d0340506_00523884.jpg




渡月橋を皆さんと一緒に渡ってみましょう(^^ゞ

d0340506_00524258.jpg



桜や紅葉時季とはちがい、ゆったりと歩けます(^^ゞ

d0340506_00524975.jpg



しかし、渡月橋北詰の商店街の入り口の交差点はご覧の通り・・・(^0^;)

d0340506_00525498.jpg



そして西に向かって・・・舟泊りの方へ・・・多いですね、人が・・・

d0340506_00525832.jpg



実は、本日はこの先の舟泊りで、
京都の初夏の風物詩~
平安時代の煌びやかな装束の方々の”船遊びのお祭り”がありますσ(^◇^;)

次回より連載します(^^ゞ~





by otti468 | 2018-05-21 02:20 | 京の風物詩 | Comments(6)

池坊~六角堂 その2



池坊「いけばな展」




d0340506_20080236.jpg

池坊会館内から見た「六角堂」

d0340506_20080916.jpg




d0340506_20081319.jpg




会館では”いけばな展”が実施されていました^^


d0340506_20082856.jpg




d0340506_20084296.jpg



d0340506_20085422.jpg




d0340506_20085816.jpg




d0340506_20090362.jpg




d0340506_20090790.jpg




d0340506_20091496.jpg





京都の街の中心地と言われ、「へそ石」が六角堂の側にありましたσ(^◇^;)/

d0340506_20253827.jpg



正式には、「紫雲山 頂法寺」
本堂の形が六角形であることから
「六角堂」の通称で親しまれています。

聖徳太子の創建で
華道家元池坊が代々住職を務め、
いけばなの発祥の地としても知られています。

仏前に花を供える中で様々な工夫を加え、
室町時代の「いけばな」が
成立したそうです。


<お願い>

最近スパムメールの着信が多くなりました。
対策をして居ますが、念のためコメントを”承認制”に変更します。
ご不便をお掛けしますがよろしくお願いいいたします~otti


by otti468 | 2018-04-18 20:41 | 京の風物詩 | Comments(6)