カテゴリ:青もみじ( 1 )

キーワード「一三九」?


「青もみじ」

初夏の楓~・・伝統色や文学に関係深く~



吉田兼好の徒然草「一三九」段で、
「卯月ばかりの若楓、すべて、よろずの花、紅葉にもまさりてめでたきものなり」
と、秋の紅葉よりも素晴らしいと言っているようです(^^ゞ~(某新聞の記事より)



d0340506_00382143.jpg



d0340506_22133103.jpg



d0340506_22133681.jpg



d0340506_22134131.jpg



d0340506_22134779.jpg




d0340506_22135260.jpg




d0340506_22135735.jpg






青紅葉は最近の流行りかと思っていましたが・・・けっこう昔から親しまれていたようですね~、
辞典によると、◇まだ紅葉していない紅葉◇襲(かさね)の色目。~とか・・・出ています。
襲(かさね)とは~平安貴族が衣を重ねて着るときの色や、衣の表と裏の季節の取り合わせのことらしいです。
さしずめ、青もみじは、夏の色なんでしょうね(^^ゞ
染織研究家の吉岡幸夫さんの本に「王朝のかさね色辞典」というのがあるそうです。どんなのでしょうか~

京都辺りの、青もみじの散策は~
「粟生光明寺」や嵐山「宝厳院」~「真如堂」とか東山界隈・・・もうどこに行っても綺麗です(^^ゞ
その他、叡山電車の「青もみじのトンネル」、岩倉の実相院、八瀬の瑠璃光院では「床もみじ」等見事です(^^ゞ




by otti468 | 2018-06-07 22:31 | 青もみじ | Comments(6)