<   2018年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

安珍清姫の伝説の鐘~妙満寺


伝説のお寺のヒラトツツジ




京都市内のお寺では今、白やピンク、赤色とりどりのツツジの花が見頃を迎えています。

京都市左京区岩倉の妙満寺では、およそ3000株のヒラドツツジが境内を鮮やかに彩っていました。
妙満寺のツツジは、50年ほど前、お寺が現在の場所に移る際、
境内に華やぎを与えたいとお寺の僧侶や檀家が植えたそうです。


d0340506_21111671.jpg


ことしは暖かい日が続いた影響か、例年より2週間ほど早く10日程前に開花したそうで、
前日の雨で花びらをぬらしたツツジは時折日ざしを受けて輝いていました。
妙満寺のツツジは、GW過ぎまで楽しめるでしょう。


d0340506_20570535.jpg




d0340506_20571198.jpg




d0340506_20571710.jpg



超開放的な境内・・・ほとんど観光客は居ません(^^ゞ


d0340506_20572477.jpg






d0340506_20573010.jpg




d0340506_20573524.jpg



安珍・清姫の伝説の鐘の供養案内が出ていました( ̄。 ̄;)

d0340506_20574239.jpg



安珍・清姫の伝説(妙満寺のHPより)

「鐘に恨みは数々ござる」で知られる紀州道成寺の霊話は長唄、歌舞伎等の芸能に取り入れられています。
その物語に縁あるこの鐘は数奇な運命で当山に伝わりました。

 正平14年(1359)3月31日、道成寺では安珍・清姫の伝説以来、
永く失われていた鐘を再鋳し鐘供養を盛大に営みました。
すると、その席に一人の白拍子が現われ、舞い終わると鐘は落下し、
白拍子は蛇身に変わり日高川へと姿を消してしまいます。

その後、近隣に災厄が続いたため、清姫のたたりと恐れられた鐘は山林に捨て去られました。

 それから200年あまり経った天正年間、その話を聞いた「秀吉根来攻め(1585)」の
大将・仙石権兵衛が鐘を掘り起こし京都に持ち帰りました。
そして、時の妙満寺貫首日殷大僧正の法華経による供養で怨念を解かれ、
鳴音美しい霊鐘となったと伝えられます。
(由来詳細はこちら)

 当山では、例年の春に鐘供養を営み安珍・清姫の霊を慰めており、
道成寺を演じる芸能人はこの鐘に芸道精進を祈ります。



by otti468 | 2018-04-30 21:17 | 歴史秘話 | Comments(10)

ラ・フェスタ プリマベラ 2018






往年の名車、名古屋から京へ




クラシックカーが公道1100㌔を疾走する
「ラ・フェスタ プリマベラ 2018」
岡崎公園のゴールのようすを見に行きました^^;;

往年の名車役60台が、名古屋市の熱田神宮を出発。
東海や近畿の2府5県を4日間で巡り、
最終ゴールの京都市の平安神宮前の神宮道に到着しました^^





d0340506_11121283.jpg


神宮道の特設会場には、「ゴール」のポストがありましたσ(^◇^;)

d0340506_11123396.jpg



すでに会場に展示されていたこの車は、今から100年前に作られた
電池で走る「電気自動車」だそうです(^^ゞ(GSユアサバッテリー社所有)

ゴールセレモニーの時、実際に100m程走っていました^^;;~

d0340506_11124040.jpg



PM4時ころ、レースに参加している車が、前のチェックポイント「建仁寺」から走ってきました。
建仁寺を出て祇園の花見小路を通行したため、観光客はびっくりしたり大喜びだったそうです~
(しまった!~そちらに行けば良かったかな( ̄。 ̄;)~)

d0340506_11125407.jpg



あっという間に会場は到着した車でいっぱいです^^

d0340506_11130576.jpg



お互いに健闘をたたえ合っていました!

d0340506_11130944.jpg



一際、注目を集めていたのが、参加していたタレントの堺正章氏・・・
この後ずっとインタビューを受けていました。

d0340506_11131995.jpg



ズラリ勢揃いです・・・^^;;~

d0340506_11133435.jpg



d0340506_11135453.jpg


セレモニーを終えて、一台ずつ表彰式会場のホテルへ向かいます~

d0340506_11140171.jpg




d0340506_11140435.jpg




d0340506_11140817.jpg



d0340506_11141220.jpg


堺正章氏も愛車でホテルに向かって出発です~^^

d0340506_13230774.jpg




1920年代から60年代に製造されたアルファロメオやポルシェなどのスポーツカーが参加~
スタンプラリー形式で、伊勢神宮(三重県)熊野本宮大社(和歌山県)など30地点を周り
特定区間で指定された時間で正確に走れるかを競うレースでしたσ(^◇^;)

ゴールセレモニーには三笠宮彬子女王殿下、京都市長が参加されていました。




(ホテルでの「2018表彰式」の様子です~HPより)

d0340506_13295846.jpg






by otti468 | 2018-04-28 13:37 | | Comments(8)

「イチハツ」ってなあ~に??




潤いの雨に「イチハツ」満開



京都市上京区の「御霊神社」では、外堀や境内に植えられた
アヤメ科の「イチハツ」が咲き、見頃を迎えていました。


d0340506_00215949.jpg


イチハツは「一初」とも書くアヤメ科の多年草です。
ハナショウブやカキツバタなどに先駆けて最も早く咲くことから
その名が付いたといわれています^^;;


d0340506_00175220.jpg


波を打ったような形の紫色の花びらが特徴です。

d0340506_00202036.jpg



御霊神社のお堀に今が見頃の「イチハツ」が満開です^^

d0340506_00180668.jpg

境内にも所々に咲いていました。


d0340506_00172630.jpg



d0340506_00173331.jpg




d0340506_00181834.jpg




御霊神社の近くに住んでいた、江戸時代の絵師”尾形光琳”は、
当時、神社の堀に群生していたカキツバタを参考に、
代表作「燕子花図屏風(かきつばたびょうぶ)」を仕上げたと伝えられています。

その後カキツバタは、お堀が涸れ姿を消してしまったそうですが、
氏子らによって、同じアヤメ科のイチハツが育てられたそうです。

昨年、華道家や地元の人達がボランティア団体「いちはつの会」を
立ち上げたとニュースが伝えていましたσ(^◇^;)


私は雨の翌日に、そうした人達に感謝しながら御霊神社を訪ねましたが見事な「イチハツ」でした(^^ゞ
(Ps; 境内の(御霊の森)は”応仁の乱”発祥の地でも有名ですよね^^)


京都ではイチハツの花は東山「得浄明院」でも咲いていますよ(^^ゞ







by otti468 | 2018-04-27 01:08 | アヤメ科の花 | Comments(6)

どうしても「藤の花」が見たい!!


巡り会えた~宇治平等院の「藤の花」


d0340506_20351806.jpg





d0340506_20353276.jpg





d0340506_20353863.jpg





d0340506_20354477.jpg


藤の花を満喫した後は・・・
鳳凰堂めぐりです^^~何年ぶりかな~


d0340506_20355727.jpg





d0340506_20360848.jpg





d0340506_20361321.jpg



手入れの良く行き届いた庭園に・・・ポツンと”ど根性タンポポ”!!(^0^;)



d0340506_20362141.jpg



ん?アゲハも飛んでいました^^/~

d0340506_20590052.jpg




d0340506_20362868.jpg



d0340506_20363790.jpg






d0340506_20364304.jpg






d0340506_20365422.jpg






d0340506_20370548.jpg






d0340506_20371079.jpg


(4月23日 撮影)





大好きな藤の花~
毎年丹波の白毫寺か、上鳥羽の浄水場にいっていましたが・・・
今年は行けなくて・・・

気にはなっていましたが・・・人が多いだろうと敬遠していた、宇治平等院の藤の花・・・
土日を外して、思い切って”中央突破”(笑)を試みました!!σ(^◇^;)~


”案ずるより産むが易し”で・・・
ダメモトで、朝早めに行きましたら、正門に一番近い5台ほど止められる駐車場がガラ~ン!!
ラッキーでした!!
しかしその後平日なのに、人が溢れかえっていました(^0^;)

私が撮影を終えて表に出た正午前には、案の定多くの人が拝観券を求めていましたσ(^◇^;)
あいかわらずの人気ですね~



by otti468 | 2018-04-24 20:44 | 藤の花 | Comments(12)

キリシマツツジ~長岡天満宮



水面に映える 初夏の”紅い絨毯”




乙訓寺の近くの”長岡天満宮”に行きました^^;;~

d0340506_22415214.jpg




d0340506_22415776.jpg





d0340506_22420322.jpg




d0340506_22421640.jpg





d0340506_22422043.jpg




d0340506_22422768.jpg




d0340506_22423303.jpg




d0340506_22424193.jpg




d0340506_22424751.jpg





西山三山の麓 長岡京市の長岡天満宮~八条が池の周りに、
見事なキリシマツツジの群生が・・・

毎年GWに満開を迎えますが、ことしは桜同様、早かったです(^^ゞ



by otti468 | 2018-04-23 22:54 | キリシマツツジ | Comments(4)

京都の最高気温28.7℃!!



日傘に守られ”いきいき牡丹”
~乙訓寺~


先日開園準備中に訪問しましたが・・・
その後が気になって( ̄。 ̄;)・・・行って来ました!!

4月22日・・・京都の最高気温28.7℃~^^;;~
暑かったですよ~

d0340506_01434792.jpg



d0340506_01435169.jpg




d0340506_01435652.jpg




d0340506_01440124.jpg



d0340506_01441319.jpg




d0340506_01441935.jpg



( ̄。 ̄;)この暑さに・・・純毛の”毛皮”を着て・・・^^;;
暑いでしょう~ポーズをとらされて・・・^^;;~

d0340506_01442524.jpg




d0340506_01443153.jpg







日傘を差した乙訓寺の”牡丹”が羨ましい・・・(^^ゞ
暑さでヘロヘロの撮影でした( ̄。 ̄;);;~



by otti468 | 2018-04-23 01:53 | 乙訓寺の牡丹 | Comments(6)

今更ながら「京北町の枝垂れ桜」



ぐるり京北町の「しだれ桜」総集編


京都市内を抜けつづら折りの高雄の峠のカーブを曲がると
突然目に飛び込んできた”ミツバツツジ”の群生!!


d0340506_02021667.jpg

見事な群生です^^;;~
しかし、次の週にもう一度通った時には、
半分以上散っていました~


d0340506_01443775.jpg

いくつかのトンネルを抜けるとポツンとある喫茶店!
この辺りで、休憩出来るの所は他に見当たりません^^;;~
素晴らしいカップでのホットコーヒーがお薦め!

d0340506_01444778.jpg

「京北交番」の文字・・・おまわりさんち??
桜に囲まれています!!桜田門??←意味不明^^;;

d0340506_01452043.jpg

TVの地域ニュースで、京北町の八幡宮の「出逢い桜」が満開!!の記事で、
私の京北町詣りがスタートしました^^・・・
ところが、前夜から激しい雨が降り・・・この日も小雨の中訪問しましたが・・・

d0340506_01452894.jpg

見事に満開の桜は散り果てて・・・
近くに住むおじさんは、「昨日までは綺麗やったで!」
・・・ハイハイ( ̄。 ̄;)

この電線・・・邪魔やな~(ーー;)
d0340506_01453638.jpg


次は福徳寺の「かすみ桜」を訪ねました^^~

d0340506_01455509.jpg

これがそうです~幹だけでどうぞ!
全体を撮ったのもありますが、小雨の空で真っ白に・・・画になりません、残念!

d0340506_01460812.jpg


d0340506_01461290.jpg
門前には綺麗な紅枝垂れ桜が・・・
d0340506_01460101.jpg



そして夕方になって「常照皇寺」の「黒田の百年桜」へ向かいました。

d0340506_01464007.jpg

ところが場所を探している内に夕方4時を過ぎ、
係の方が拝観は終了しました~、え~!!そんな・・・

d0340506_01464650.jpg
↑仕方なく未練がましく石段を下から・・・


門前に立派な紅枝垂れがありましたが・・・
これが「黒田の百年桜」なのかどうか
確認のすべもなく・・・ただ激写!!
d0340506_01465252.jpg



京北町の合同庁舎前に「道の駅」?があり、その裏手の川の土手の桜は見事!!

d0340506_01470262.jpg

「京北桜100選」というのがあるんですね!!

来年の桜のシーズンはここ、京北町~だけにすると家族と決めましたσ(^◇^;)
そして「桜100選」をめぐりたいと思います^^;;

d0340506_01471158.jpg

そして後日、枝垂れ桜の集大成~満開の「宝泉院」へ行きました。

d0340506_01474028.jpg

境内には十数本の、平安しだれ、御室、金剛、楊貴妃などのしだれ桜が
満開でした~

d0340506_01474598.jpg

何よりも、遠いのと、山奥なので観光バスが入れず団体客が皆無です^^;;~

d0340506_01475293.jpg

鴬の声に迎えられ~婦人部の方のお茶の接待や~美味しい団子!
花より団子ですわ!

d0340506_01480189.jpg

枝垂れの素晴らしいこと・・

d0340506_01484552.jpg
来年も必ず来たいな~と思いました^^

d0340506_01493840.jpg






ストックが勿体ない京北町の「しだれ桜」の画像・・・
季節感がずれてしまいましたが・・・
まとめて見ました~

沢山ありました!・・・ただし二週間前のものも含みます( ̄。 ̄;)~
”かんにんどす!”





by otti468 | 2018-04-22 03:09 | 京都の桜 | Comments(6)

山吹の咲く西京のパワースポット



山吹の咲く神社~「松尾大社」






d0340506_20382885.jpg




d0340506_20383860.jpg




d0340506_20384355.jpg




d0340506_20385987.jpg





d0340506_20390517.jpg




d0340506_20391255.jpg




d0340506_20391860.jpg




d0340506_20392255.jpg




d0340506_20393268.jpg




d0340506_20393608.jpg




d0340506_20394530.jpg




d0340506_20394911.jpg




d0340506_20395679.jpg







d0340506_20400563.jpg





正月の「五社詣り」の一つ、京の都の西方の守護神「松尾大社」~
パワースポットとしても有名です。
酒の神様としても有名で大きな酒樽を展示している「酒の資料館」もあります。

さらに有名なのがこの時期に咲く「山吹」の花・・・
まさに”山吹色”の境内に、訪れた観光客も感嘆するのみ・・・見事です。





by otti468 | 2018-04-20 22:25 | 季節の花 | Trackback | Comments(8)

長浜曳山まつり2018


長浜子ども狂言(歌舞伎)

後宴狂言(ごえんきょうげん)



ユネスコ無形文化遺産の長山曳山まつりは、
長濱八幡宮の春季大祭にあわせ行なわれます。
祭最大の見所は、子ども狂言(歌舞伎)です。


d0340506_00170842.jpg



宮町組「高砂山」~4月16日、11時40分 開演の口上も凜々しく・・・

d0340506_00152669.jpg

演目は「玩辞楼十二曲の内 義士外伝「土屋主税」」
7歳~12歳の子どもたちの堂々の演技!!

d0340506_00153762.jpg




d0340506_00155347.jpg




d0340506_00160234.jpg




d0340506_00160760.jpg




d0340506_00161381.jpg




d0340506_00162077.jpg



玩辞楼十二曲の内 義士外伝「土屋主税」の熱演です^^~
赤穂浪士・大高源吾です!

d0340506_00162680.jpg


「イヨッ!」と観客から息の合ったかけ声が掛かります!

d0340506_00163203.jpg


熱演が終わりました~
あどけない子どもに返った瞬間です^^;;~

d0340506_00163963.jpg



さあ~、一緒にお昼かな~
7歳では・・・まだまだお父さんに甘えます(^0^;)
上演が終わりほっとしたことでしょう~

d0340506_00164353.jpg


はい、お疲れ様でした。
カメラを向けると、ちゃんと応えてくれます(^0^;)

d0340506_00164833.jpg


赤穂浪士・大高源吾役のY君12歳!
集まった観客にサービス精神旺盛に
ポーズをとっていました(^0^;)

d0340506_00165454.jpg


こちらでは、大手町組「壽山」~夕方の上演のため待機中でした。

d0340506_00170475.jpg


(4月16日 撮影)





今年の長浜子ども狂言は4月12-16日迄行なわれました。
前日15日(本日)が長濱八幡宮春季大祭の賑わいでしたが・・・参加出来ず残念でした( ̄。 ̄;)
家族の入院等もあり、撮影に行けたのは最終日16日の後宴狂言(ごえんきょうげん)でした・・・

16日に、今年の4基の曳山の子ども狂言が、昼と夕方一回づつ上演されるとの情報で
お昼前に駆けつけましたが、既に大手町組「壽山」の狂言は終了していて(汗)、
やっと高砂山の狂言に間に合いました(^0^;)




by otti468 | 2018-04-20 01:10 | イベント・祭 | Comments(8)

池坊~六角堂 その2



池坊「いけばな展」




d0340506_20080236.jpg

池坊会館内から見た「六角堂」

d0340506_20080916.jpg




d0340506_20081319.jpg




会館では”いけばな展”が実施されていました^^


d0340506_20082856.jpg




d0340506_20084296.jpg



d0340506_20085422.jpg




d0340506_20085816.jpg




d0340506_20090362.jpg




d0340506_20090790.jpg




d0340506_20091496.jpg





京都の街の中心地と言われ、「へそ石」が六角堂の側にありましたσ(^◇^;)/

d0340506_20253827.jpg



正式には、「紫雲山 頂法寺」
本堂の形が六角形であることから
「六角堂」の通称で親しまれています。

聖徳太子の創建で
華道家元池坊が代々住職を務め、
いけばなの発祥の地としても知られています。

仏前に花を供える中で様々な工夫を加え、
室町時代の「いけばな」が
成立したそうです。


<お願い>

最近スパムメールの着信が多くなりました。
対策をして居ますが、念のためコメントを”承認制”に変更します。
ご不便をお掛けしますがよろしくお願いいいたします~otti


by otti468 | 2018-04-18 20:41 | 京の風物詩 | Comments(6)