<   2018年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

猛暑の「京都植物園」を巡る




涼と彩りの花~熱帯睡蓮①



京都植物園には、カメラやレンズの調整・テストに良く行きます。

体力の落ちた私には、もってこいの撮影場所です~


ちょうど今は夏休みの期間で開園時間が朝7時からとなっていますので、早朝訪問しました。
暑いので11時には帰宅する予定です~σ(^◇^;)

今回は、昨年買ってほとんど使っていなかった
「EF70-300mmF4-5.6 IS Ⅱ USM」を持参してみました。

このレンズは、ブロ友さんも何人か使われていて、好評なので今日は持参をしました~
カメラ本体は、過去三回落下して画像が暴走したりモニターがブラブラしたりの「7DmkⅡ」なのですが、
最近ちゃんと動いていましたのでこれも持参してみました(^^ゞ


d0340506_22231687.jpg




↓ 何回見ても、葉が2枚ひっくり返っています!!

d0340506_22232270.jpg





↓画面右上に、なんと「ヤンマ」が写っていました(^◇^;)

d0340506_22232681.jpg





d0340506_22233263.jpg






↓ 真ん中の「蕾」は、まだ水中にあります。
花が咲くときに水面から出てきます(^◇^;)

d0340506_22233532.jpg


(7月31日撮影  EOS7DmkⅡ EF70-300mmF4-5.6 IS ⅡUSM)








レンズは思った以上に素晴らしいものでした(^^ゞ
今まで使わなかったのが勿体なかったです。
カメラ本体との相性も良いみたいで~良かった!!

園内あちこち廻って、朝顔や、蓮や、朝露を撮りましたので~明日から連載しますσ(^◇^;)


「そやけど、暑うおすな~( ̄。 ̄;)」


by otti468 | 2018-07-31 22:40 | 季節の花 | Comments(10)

世界遺産「下鴨神社」に無病息災を祈祷!




冷たッ!

下鴨神社「みたらし祭 ・足つけ神事」で夏が来た!




誰でも参加出来る庶民の祭~世界遺産・下鴨神社の”御手洗川”で行なわれる「みたらし祭」・・・
別名「足つけ神事」とも呼ばれ、無病息災を願う人で毎年賑わうこの祭は京都の夏の風物詩です。




d0340506_17120342.jpg



「足つけ神事」は、朝早くから行われていますので、ひっきりなしに参拝者は訪れています。


d0340506_17121934.jpg


参道の「糺すの森」の屋台です。

d0340506_17122500.jpg


世界遺産にお参りの割に、ラフな履き物・・・??
正解は・・・皆さん御手洗川に入って足を清めるからです(^_^;


d0340506_17123765.jpg



夕刻が迫ってきました~
神秘的な「みたらし川」へ行きましょう(^_^;

d0340506_17124695.jpg





d0340506_17133219.jpg


受付前にビニール袋を頂き、自分の靴を入れます。
そして一人300円の浄財を収め御手洗川に向かいます~
明日から台風が来るとのことで、今日は最高の人出と係の方が・・・


d0340506_17133740.jpg



やがて受付でローソクを頂き狭い御手洗川に降りていきます(^_^;


d0340506_17134146.jpg



ひや~ッ!冷たッ!地下水なので18度くらいとか言ってましたが・・・

d0340506_17134904.jpg



人が多くてなかなか進みません( ̄。 ̄;)~
川の底は丸い大きな玉砂利なので・・・滑らないように・・・(^_^;

d0340506_17135469.jpg



ローソクに火を灯します。


d0340506_17135947.jpg





d0340506_17140576.jpg



皆さん、自分の願い事を託してローソクを灯します。


d0340506_17144876.jpg




d0340506_12133360.jpg



今までこんなに多い参拝者は初めてです(^_^;


d0340506_17143415.jpg




参拝の後は、地下から湧く”御神水”で体内を清めます~

d0340506_17150125.jpg



毎年土用の丑の日を中心に神事が行なわれます。
多くの京都の人が、お子たちを連れお参りをしますσ(^◇^;)

d0340506_17151949.jpg

(7月27日撮影)






毎年昼間に参拝していましたが、今年は例年になく暑く、京都も13日連続の真夏日が続いていましたので、
27日夕方にお参りをすることにしました。
ただし、台風の接近が報じられ、かえって沢山の人がお参りに来られて・・・超満員でした!(^_^;

2,3日前に病院に検査に行き、手術後の身体は順調に回復していると言うことで、あと一ヶ月くらい気を付ければ
自由に外出もOKとのことでした~
退院してから、3回目のプチ撮影へ出かけましたが、夕方からは涼しくて~”御手洗川”は地下水で冷たく・・・快適でした(^_^;






by otti468 | 2018-07-28 18:05 | 京の夏の風物詩 | Comments(14)

私の蔵出し”祇園祭~後祭”



後祭巡行~一部未発表蔵出し画像



今年の祇園祭「後祭」巡行の日は昨日終わりました~
「後祭巡行」の山と鉾は10基です~
今年は取材に出かけなかったので・・・再び2017・2016年の蔵出し画像で想い出を・・・



17日の「前祭」と逆方向に市内を回ります~
御池通烏丸を出発した山鉾は、京都市役所前河原町を四条通り(左方向)に向かって豪快な辻回しをします~

d0340506_13324260.jpg



最後の大トリは数年前に再建された”大船鉾”です~

d0340506_13324707.jpg




d0340506_13325186.jpg


豪快に辻回しです。

d0340506_13325529.jpg




d0340506_13330041.jpg




d0340506_13330535.jpg




d0340506_13331032.jpg





実はこの後の「祇園祭花笠巡行」は、
小さなお子たちや、女性の和服姿が多く
今年は高温警報で、熱中症が発生する可能性が高く中止になりました~
(実際に現場に行っていませんが、ニュースの発表です^^;;~)


どんな巡行なのか、昨年の花笠巡行の一部をご覧ください^^;;~

d0340506_13331587.jpg




d0340506_13331901.jpg




d0340506_13332338.jpg




d0340506_13333234.jpg




d0340506_13333569.jpg




d0340506_13334072.jpg




d0340506_13334687.jpg




d0340506_13335039.jpg




d0340506_13335643.jpg



昨日の「後祭巡行」日は、
京都はまたしても38度近くまでいってましたので中止で良かったと思います~

この後月末まで八坂神社では、御旅所の神輿の還幸祭(24日)から始まって、各種神事があります。
京都市内を1カ月に渡り熱狂させた”祇園祭”も最後の行事に入っています。




by otti468 | 2018-07-25 14:17 | 祇園祭

私の蔵出し”祇園祭~前祭”


前祭巡行~未発表蔵出し画像



今日24日は祇園祭「後祭」巡行の日~
今年は取材に出かけなかったので・・・蔵出し画像で想い出を・・・


7月17日の「前祭巡行」の朝~8時前・・・
巡行は午前9時から始まりますが、宵山で並んだ屋台はすっかりなくなり、
長刀鉾(なぎなたぼこ)付近では、掃き掃除をする人も・・・

千年にわたって、平穏を祈願し続けてきた祇園祭の最も賑わう一日がが始まろうとしています~



朝7時半~長刀鉾が町家の前で今日の出番を待っています~
昨夜まで賑わっていた鉾の周りのテントや駒形提灯も片づけられています。

d0340506_08092511.jpg


長刀鉾は毎年巡行の先頭になります。
神となった稚児を乗せて市民の注目が一番集まる鉾です。

d0340506_08093490.jpg

出発まで1時間~準備に忙しい長刀鉾です。

d0340506_08094684.jpg

今日の巡行の主役のお稚児さん、心配そうに町家からこれから乗る鉾を眺めています。

d0340506_08095188.jpg


鉾を曳く町衆も準備完了のようです。

d0340506_08095627.jpg


長老によるお祓いが始まりました~

d0340506_08100109.jpg


引き続き、お囃子方が勢揃い~清めの塩を頂きます。

d0340506_08100682.jpg

四条通りの信号は祇園祭のために可変式になっています。鉾に引っかからないように90度曲げます~

d0340506_08101288.jpg


先頭の長刀鉾をいったん100m程西のスタートラインに下げます。

d0340506_08101652.jpg


エンヤラヤ~の掛け声で”ドドーン”と車輪を鳴らせてバックしていきます。
周りに集まり始めた観客から大きな歓声が上がります(^_^;

d0340506_08102876.jpg

お稚児さんを乗せるため梯子が用意されます。

d0340506_08103444.jpg


まずは稚児を両側から支える「禿(かむろ)」と呼ばれる二人の子どもが鉾に向かいます。

d0340506_08103835.jpg


続いて出てきたのは7月13日より「神」になった”稚児”~
神になってからは公には地上に足を付けることはなく、この期間は食事や着付けも一切男性が世話をします。
この日の移動も強力さんの肩に乗って鉾に向かいます。

d0340506_08104355.jpg



d0340506_08104960.jpg


稚児は京都のお母さん方には絶大な人気で、沿道は歓声が上がりっぱなしです(^_^;

d0340506_08105851.jpg


やがて強力さんの肩に乗ったまま鉾に上がっていきます。
ハラハラする瞬間です^^;;~

d0340506_08110733.jpg


なんと途中立ち止まり振り向いて”見栄”を切ります(^_^;
周りからは歓声と拍手が鳴り止みませんσ(^◇^;)

d0340506_08111129.jpg


スタート前の大一番の撮影ですが・・・カメラマンのポジション争いもピークです( ̄。 ̄;)
周りからいつにょきっとカメラが伸びてくるかわかりませんから・・・(汗;;~

d0340506_08111514.jpg

こうして23基の山鉾は、古都の中心部をを練り歩き、
ニュースや新聞の写真の通り雅で華麗な巡行に市民や観光客は大喜びでした。


御池通を西進する鉾~

d0340506_08112560.jpg


次回、気が向いたら”後祭”の蔵出し画像です(^_^;


2018祇園祭巡行は、完全に撮影対象外でしたので、蔵出し画像を並べてみました~

連日の猛暑に京都も完全に熱中症との戦いになっています( ̄。 ̄;)
いつまで続くのでっしゃろ!!





by otti468 | 2018-07-24 09:34 | 祇園祭

もぬけの殻



連日の”猛暑日”



朝7時頃、植物園に行ってみました~
真夏の太陽焼けした花たちは最悪の状態でした(ーー;)


で、・・・もうこれしかない!!


d0340506_21492013.jpg

8時頃には既に30℃を超す気温に・・・



d0340506_21482451.jpg




d0340506_21484371.jpg




d0340506_21483318.jpg




d0340506_20164974.jpg



d0340506_21493593.jpg






あまりの暑さに、24日の祇園祭の後祭の「花笠巡行」が中止になったようです~
山や鉾の巡行の後に、子ども神輿や、祇園のきれいどころの和服姿の巡行が予定されていましたが、
お子たちの熱中症も問題になっていますので、早々と中止を決めたようです~



今朝は余りの暑さに気分が悪くなり、10時くらいに帰宅しました。
車の運転は、まだあぶなかっしいですわ。
by otti468 | 2018-07-22 22:07 |

盛夏



季節の彩り




d0340506_11285662.jpg



d0340506_11290135.jpg



d0340506_11290616.jpg



d0340506_11291132.jpg








by otti468 | 2018-07-21 11:32 | 季節の花

古都の雅と伝統~祇園祭を撮る~4




アツイ!!39.8℃~京都~昨日全国一!


d0340506_07030169.jpg



「山伏山」界隈~

”常は出ません!~♬ 今宵限り~♬” 
”ちまきどうどすか?”


道行く人に売り子のお子たちが声を掛けます(^_^;
このかけ声が可愛くて~
夜の深まりとともに多くの人が詰めかけて・・・狭い通りが混み合っていました。



d0340506_07031846.jpg
カメラを向けるとさっそく”呼びかけ”をしてくれました(^_^;
サービス精神旺盛です(^◇^;)

d0340506_07032555.jpg



d0340506_07033568.jpg



d0340506_07034964.jpg



d0340506_07035927.jpg



d0340506_07041314.jpg




d0340506_07041723.jpg




d0340506_07042128.jpg








by otti468 | 2018-07-20 07:23 | 祇園祭2018

古都の雅と伝統~祇園祭を撮る~3




熱波!揺れる人波~





d0340506_20232978.jpg



d0340506_20234708.jpg



d0340506_20240370.jpg



d0340506_20235881.jpg



d0340506_20241290.jpg



d0340506_20240827.jpg


宵山の楽しみの一つは~
夜店を覗いて雰囲気を楽しむこと・・・いいですね~、最高ですね~
子どもの頃、親や兄姉と歩いた記憶がよみがえってきます(^◇^;)

昔の夜店は、電気の代わりに必ず”カーバイト”を使っていましたので・・・(そんなんいつ頃の話どす?(ーー;)~)
あの独特の刺激臭がありましたが・・・今はないですね^^;;~







by otti468 | 2018-07-18 20:38 | 祇園祭2018 | Comments(6)

古都の雅と伝統~祇園祭を撮る~2


雅な駒形提灯の光に誘われて



「菊水鉾」界隈~

午後6時、行者天国になった四条界隈~
若者や家族連れが露店の並ぶ烏丸通りや新町通を一斉に動き出し
山や鉾ではほんのりと灯る駒形提灯が風に揺れ・・・コンチキチンの
祇園囃子に誘われるように市民や観光客が列をつくって厄除けちまきを求めていました~

d0340506_21202152.jpg



d0340506_21203932.jpg



d0340506_21205810.jpg

↑↓ 各鉾の胴掛と言われる緞帳は実に見事、鉾によっては外国産で高価なものもあります。

d0340506_21210354.jpg


最近は急な雷雨が多く、胴掛けにはビニールが掛けてありました^^

d0340506_21210850.jpg



d0340506_21204510.jpg


厄除けのちまきはよく売れていました~

d0340506_21211388.jpg

(7月15日撮影)



宵々山の様子はまだまだ続きます(^◇^;)~






by otti468 | 2018-07-17 21:57 | 祇園祭2018

古都の雅と伝統~1



祇園祭「宵々山」を撮る



我が家では、祇園祭の2箇所の鉾の「厄除け粽(ちまき)」を毎年玄関に一年間飾りますが、
今年も交換の季節が来ました~

京都の日中は最近3日連続で、38.5℃を記録していますが、外出に反対の家族を説得し、
15日の宵々山の夜間2時間だけという条件で、四条烏丸通りの”ホコ天”に行って来ました~
もちろん家族同伴で、杖を突きゆっくりと人出の少ない裏通りを選んで散策してきました。



目的の「函谷鉾(かんこほこ)」と「菊水鉾」の”厄除けちまき”をゲットしました^^~

d0340506_20111759.jpg


本日さっそく玄関の出入り口の上に飾りました~

d0340506_20111026.jpg



四条通りにある函谷鉾のお土産売り場~

d0340506_20113509.jpg


函谷鉾は町家を持っていないため、こうしたお土産や粽の販売とかは・・・


d0340506_20114024.jpg

保存会と京産大の学生とかが中心になって販売しています~


d0340506_20114635.jpg


四条通りは完全に歩行者天国に~

d0340506_20115259.jpg


駒形提灯の下を多くの人がそぞろ歩きをしていました^^

d0340506_20115888.jpg


有料で山鉾の中も見学できます~

d0340506_20120520.jpg

(7月15日夜撮影)



7月17日の前祭では23基の山や鉾が巡行し、24日の後祭では10基の山や鉾が巡行します。
この33基の山や鉾はすべて四条烏丸を中心にした狭い範囲の各町内にあります。
18時から歩行者天国になったこの日は、浴衣姿の若者や家族連れで賑わい、
新町や室町通りでは一時身動きが出来ない状況になったようです。
京都府警の話では15日夜は17万人の人出で賑わったそうです。

今年は術後の静養のため、祇園祭はこの宵々山だけ一回にします(ーー;)
毎日何枚か宵々山の画像をアップしていきます(汗;;~







by otti468 | 2018-07-16 20:57 | 祇園祭2018 | Comments(10)