タグ:東寺 ( 4 ) タグの人気記事

京都の華麗な春の夜~”桜ライトアップ”~「東寺」



名桜「不二桜」と国宝「五重塔」のコラボ!!







d0340506_20093805.jpg




d0340506_20094831.jpg




d0340506_20095765.jpg




d0340506_20100705.jpg




d0340506_20101625.jpg





d0340506_20161232.jpg





d0340506_20102585.jpg





d0340506_20103581.jpg




d0340506_20104945.jpg




ここのライトアップは、やはり素晴らしいです~

昨年の秋の紅葉ライトアップと違って、会場の照明がとても素晴らしくなっていました!!
昨年までは、大きな照明灯でガンガン照らすだけのライトアップでしたが・・・
今回は見違えるような柔らかい照明でした。
足元まで柔らかい光が充満し、昨年までのように足元が見えなくてふらつくこともありませんでしたσ(^◇^;)








by otti468 | 2018-03-28 21:00 | 春の花 | Comments(6)

東寺~京都の冬の風物詩「後七日御修法」2018



真言宗では最高の儀式
「後七日御修法」2018






d0340506_15132122.jpg

(1月8日撮影)



平安時代から宮中では元日から前七日に神事を、後七日に仏事を執り行なうことになっていました。
後七日に行なうことから「後七日御修法(ごしちにちのみしゅほう)」と言われています。

国家、五穀、国土などを祈って、7日間(二十一座)に渡り祈念します。
後七日御修法は東寺にとっても最も重要な国家行事の一つです。

後七日御修法は834年(承和元年)空海が勅命により、大内裏中務省で最初に行なったそうです。
翌835年、空海の創請により宮中に真言院が設けられ、以後真言院で行なわれるようになりました。
ただ室町時代末期には中止され、江戸時代初期に再興され、明治維新後は東寺で行なわれるようになったそうです。

したがって、全国の寺院で後七日御修法を行なっているのは、東寺だけですね。
真言宗の最高の儀式で秘法とされています。
修業が行なわれる東寺の灌頂院に入ることは出来ません。

ただ、本坊と灌頂院を往復する行列は見ることが出来ます。




More 続きをご覧くださいね!^^~
by otti468 | 2018-01-14 17:21

MY FAVORITE "SAKURA"




最も有名な”夜桜”




東寺の五重塔と「不二桜」

d0340506_00293276.jpg



d0340506_00294322.jpg




d0340506_00295242.jpg





d0340506_00300416.jpg

(4月13日撮影~ライトアップされた五重塔)



私の最もお気に入りの東寺の夜桜

国宝五重塔~千年を超える間、歴代の桜を見守り続けていたのでしょうか?
ロマンがあります^^;;~





by otti468 | 2017-04-14 00:53 | Trackback | Comments(6)

ぶらotti~幻想の世界


kyoto Toji Temple Special Exhibition 019.gif







d0340506_22072000.jpg

そこには幻想の世界が広がっていました~
静寂の中、鮮やかな光・水・紅葉のコラボの世界でした^^;;~





More 続きをご覧くださいね!^^~
by otti468 | 2016-11-21 22:39 | Trackback | Comments(14)